太陽光発電と家庭用蓄電池のことなら | 茨城県つくば市 株式会社インプレス
太陽光発電 家庭用蓄電池 よくあるご質問
インプレスお客様専用ダイヤル
蓄電池補助金
タイナビSwitch
太陽光発電
太陽光発電システムの機器と役割
太陽光モジュール
太陽の光を受けると電気が発生し、その電気で家庭の電力をまかなうことができます。また、消費できず余った電気は売電できます。
接続箱
太陽光パネルからの配線を集約してパワーコンディショナに接続するための装置で、メーカーによりパワコン一体型もあります。
パワーコンディショナ
太陽光パネルで発生した直流電力を、家庭で使用できる交流電力に変換する装置で、停電時には発電した電気を使用できます。
パワーモニター
発電した電力量や消費した電力量など視覚で分かりやすく表示するモニターで、視覚効果によって節電意識も高めることができます。
分電盤
ご家庭用のブレーカーボックスで、太陽光パネルで発電された電気は、最終的に分電盤に接続されて電気製品に送られます。
電力メーター
ご家庭で消費した分の電力メーター(買電)の他に、太陽光で発電された分の余剰電力を売電するメーターが別に設置されます。
その他、太陽光パネルを屋根に設置するための架台やケーブル類の他に、設計によっては回路ごとの電圧を整える昇圧装置が必要な場合があります。
太陽光発電のメリット
屋根などに設置した太陽電池モジュールが光を受けると電気を発生し、ご家庭で使用する電力として使用することができます。
昼間に在宅されているご家庭では日中の電気を賄うことができ、ご不在のご家庭では発電した電気をより多く売電にまわすことができます。
晴天時には最大の発電をしますが、曇り空や雨の日など日光がわずかな時も発電を行っていて、ご家庭で使用する電力を支えています。
また、震災時など長時間停電した際にも昼間の発電を行える時間帯であればパワーコンディショナーより「自立運転モード」により電気を取り出すことが可能で、緊急用電源として威力を発揮したことはニュースなど様々な形で報じられました。
太陽光発電の買取価格
東京電力管内(出力制御機器設置義務なし)
平成29年度
10kW未満
ダブル発電
買取価格
28
25
買取期間
10年間
10年間
買取方法
余剰電力
余剰電力
平成28年度
買取価格
31
25
10kW未満の太陽光発電は、国で定められた金額により、太陽光で発電した電気の余剰電力を10年間定められた同額で買い取ってくれます。
但し、設置した年度により買取価格は異なります。
また、エネファームなどのコーエネレーションシステムと併用した場合はダブル発電と呼ばれ、太陽光発電の単独設置に比べて買取単価が変わります。
蓄電池を設置する場合、使用モードによってダブル発電として扱われるモードと、そうでないモードがあります。
電力制御装置設置を義務付けられるエリアは、太陽光発電の買取価格が異なります。(東京電力管内は出力制御装置の設置義務はありません)
蓄電池との相性は抜群!

家庭用蓄電池と併用
太陽光発電と蓄電池を併用することで、日中は太陽光発電が電気をつくり、日が陰る早朝や夕方は夜間に蓄電池に貯めた電気を効率よく使用することができます。
また、太陽光発電の余剰電力は売電するか、蓄電池に貯めるか選択できるので買取期間終了の後も賢く利用できます。

株式会社インプレス 当社にお任せください お気軽にお問い合わせください 親切丁寧に分かりやすくお答えします
工事対応エリア 下記の地域がインプレスの工事対応エリアとなります
茨城県
・阿見町・石岡市・稲敷市・茨城町・牛久市・笠間市・かすみがうら市
・河内町・古河市・五霞町・桜川市・下妻市・城里町・筑西市
・つくば市・つくばみらい市・土浦市・東海村・利根町・取手市
・那珂市・坂東市・ひたちなか市・水戸市・美浦村・守谷市・八千代町
・結城市・龍ヶ崎市
千葉県
・我孫子市・市川市・印西市・浦安市・柏市・鎌ヶ谷市・栄町・佐倉市
・酒々井町・芝山町・白井市・多古町・千葉市・富里市・流山市
・習志野市・成田市・野田市・船橋市・松戸市・八街市・八千代市
・四街道市
埼玉県
・朝霞市・春日部市・川口市・越谷市・さいたま市・幸手市・志木市
・白岡町・杉戸町・草加市・戸田市・新座市・蓮田市・富士見市
・松伏町・三郷市・宮代町・八潮市・吉川市・和光市・蕨市
栃木県
・市貝町・宇都宮市・小山市・上三川町・下野市・高根沢町・栃木市
・野木町・芳賀町・壬生町・益子町・真岡市・茂木町
家庭用蓄電池・太陽光発電のインプレス 〒305-0051 茨城県つくば市二の宮1-2-2